横浜のデザイン・マンガ・ファッションの専門学校 文部科学大臣「職業実践専門課程」認定校

横浜デザイン学院

0120-001-097

受付時間:平日9:00~17:00

News&Topics

山田和明先生の絵本がようちえん絵本大賞の特別賞に選ばれました

Topics
マンガ科 絵本コースの講師である山田和明先生の作品「あかいふうせん」が、第9回ようちえん絵本大賞の特別賞に選ばれました!

ようちえん絵本大賞とは、「子どもに読み聞かせたい絵本」、「お父さん・お母さんに読んでほしい・お勧めしたい絵本」を選考の基準として、(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構・調査広報委員会が過去おおむね5年以内に出版された絵本の中から作品を選考した賞です。
((公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構HPより一部抜粋)

山田先生の体験授業は5/19(土)6/9(土)に開催致します。
絵本に興味のある方、絵本作家を目指している方、ぜひ絵本制作の体験にお越しください!


絵本講師 山田和明先生のメッセージ
絵本の授業では、ただ上手に物語が書けたり、上手に絵が描けたりするのが、目標ではありません。
上手に描こうとするよりも、見たり考えたりしたことを自分で感じたとおりに物語にしたり、絵を描いたりすることが大切です。
真剣に創作活動を続けていくと、次第に絵が上手になるだけでなく、心(感性)が豊かになり、作家としての資質が養われ、自分がどのような作品を描きたいか分かってきます。このことが最も大事であり目標となります。
絵本作家になるのはとても大変ですが、はじめは趣味のようなものだとしても、毎日真剣に努力すれば、いつの日かきっと絵本を作ることが、とても楽しくなっていくことでしょう。

絵本作家としてデビューするには、創作活動を長く続けていくことが大切です。私も会社に勤めながら絵本作家になることを目指していました。少子化が進むにつれ、子供の教育に対する関心は高まり、絵本の重要性が見直されていると感じます。
また大人向けの絵本が出版されるなど、これから絵本の読者は広がっていくことでしょう。

絵本作家のこれからとしては、今の時代の息吹が感じられる絵本、夢と希望を与えられる絵本を創りだすことが求められています。


山田和明先生

【絵本作家】山田和明先生
Profile
数々の受賞歴を持ち、特に世界で有名な絵本原画コンクール『イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』において、2010年・2011年連続入賞、2018年と入賞の常連。
横浜デザイン学院をはじめ、後進の育成にも積極的に携わっている。


【第9回ようちえん絵本大賞】
https://youchien.com/ehon/2018/


【絵本作家について】
http://www.ydc.ac.jp/pro/course/manga/illustrated_book


【マンガ科 オープンキャンパス】
http://www.ydc.ac.jp/pro/opencampus/manga




  • このエントリーをはてなブックマークに追加