横浜のデザイン・マンガ・ファッションの専門学校 文部科学大臣「職業実践専門課程」認定校

横浜デザイン学院

0120-001-097

受付時間:平日9:00~17:00

内定者インタビュー

マンガ科 絵本コース 内定インタビュー
 画材店 

最近絵本を出版したマンガ科 絵本コースの横石さん。
就職活動はどんなことを行ったのか、これからの目標、後輩へのメッセージなど、お話しを聞いてみました。

横須賀市画材店 内定
マンガ科 絵本コース
横石 さくら

まず、内定を頂いた感想をお願いします

すぐに決まってホッとしました。
小さい頃から地元にあるお店で、1年生の頃から「ここで働きたい」と思っていたので嬉しいです。

この会社に決めた理由は?

せっかくデザイン系の勉強をしたので、仕事で活かせたらいいなと思ったのが、まずきっかけです。
こちらの会社の仕事内容で、額装に興味を持ち、「こういう形で絵を描く人をサポートしていきたい、作家としても刺激をもらっていきたい」と思い、志望しました。

いつから絵本に興味を持ち始めましたか?

昔からイラストを描くことは好きでしたが、絵本自体にそこまで興味はありませんでした。
気になり始めたのは、幼稚園で働いていた時でした。

幼稚園では色々な家庭環境の方がいて、親御さんの悩みを聞くことがありました。
しかし仕事の立場上、聞くことしかできないもどかしさがあり、何かできないかと考えていた時、本屋で「ちょっとだけ」という絵本を見つけました。
その絵本では子共と親との関係が描かれていて、こうした伝え方もあるんだ、と感動しました。
子どもの心理を絵本に表せれば、親にわかりやすく伝えることができるのではないか、と思いました。
絵本に興味を持ったのはそれがきっかけですね。

今後の仕事内容を教えてください

文具、画材の案内や販売、絵の額装や万年筆の案内などです。
先日研修に行ったのですが、額装で他の方の絵を見ることができました。日々こういった経験ができると、とても刺激になりそうです。自分も描かないと!と思いますね。
時間があれば休憩中にも絵を描きたいです。

就職活動はいつから始めましたか?

10月末からです。学園祭が終わって落ち着いた頃で、求人が丁度出ていたので応募しました。

絵本出版の経緯について教えてください

株式会社エムリサーチ様というところで出版して頂いたのですが、元々は学校から紹介されて、イラストレーターとして契約していた会社でした。
学校で描いていた「ロマン」という絵本を会社の方が気に入ってくださり、出版に至りました。
有り難いことに次回作のお話も出ているので、これから楽しみです。

---------------------------------
横石さんの絵本が紹介されています。
絵本のご購入、お問い合わせは下記会社様よりお願い致します。

■株式会社エムリサーチホームページ
http://mresearch.jp/

■作品紹介ページ
http://mresearch.jp/?p=2655
---------------------------------
絵本出版が決まった横石さくらさん

横浜デザイン学院で学んで良かったことを教えてください

プロの先生にアドバイスを頂けたことです。
絵本の先生は親身ですが、優しいだけでなく外から見た意見を言ってくれる先生です。
学校の先生は守ってくれる、という感じなので、違った意見をもらえて良かったです。

また、同じ絵本コースの友達がとても絵が上手いので、一緒に切磋琢磨できました。
絵のタイプが全く違うのが良かったのかもしれないです。
同じだったら、ライバル心が湧いていたかも(笑)
授業はほぼマンツーマンで見て頂けたり、友達と個展(二人展)をやったり、外で活躍させてくれる機会も多くありました。

これからの目標は?

まずは仕事を集中して覚えたいです。
せっかくイラストを学んだので、このままモチベーションを維持して、一年に一度は公募に作品を出したいです。

後輩へのメッセージ

私はいつも色鉛筆で作品を描いているのですが、以前ボローニャ展に作品を出す際に、個性を出そうと言われ、絵の一部を水彩で描いてみたことがあります。
ただ描いてみた結果、あまり自分でも気に入りませんでした。
そして、やっぱり色鉛筆が良い!と思い直す機会でもありました。
水彩に寄り道をしていないと気が付かなかったかもしれないです。

学生の内にできることは色々あるので、そうした寄り道も、やれることは何でもやってみると良い発見ができると思います。

横石さくらさん